風俗嬢とコミュニケーション

風俗でいいんじゃないですかね、もう

あんまり難しいことを考えても仕方がないというか、欲求不満になったらあれこれ理屈を付けるのではなくて、風俗で楽しめばよいんじゃないですかね(笑)別に風俗は誰かのためにとかでもなければ、それこそ自分の意思で選んで楽しめると言うことを考えた時、結局のあれこれ理屈をつけても仕方がないと思うんですよ。それよりも自分の本能に正直になって、楽しいなって思うことを楽しめばそれで十分なんじゃないかなと思いますので、風俗で遊ぶ時には理屈なんていりません。楽しみたいって思ったその時に楽しめばそれでいいんじゃないですかね(笑)あんまり難しい理屈で考えても仕方がないとは思いますけど、逆に言えば格好つける必要もないので、とりあえずという感覚で風俗に駆け込むのでもいいんじゃないですかね(笑)どれだけ格好つけたところで風俗で満たせるのは本能なんです。それなら格好なんかつけないで、本能に従って楽しめればそれで良いんじゃないのかなって。

きっかけは出張だったのを覚えている

こんなに風俗にハマるとは思っていませんでしたけど、そのきっかけは今でも覚えています。出張があったんですよ。出張そのものはあんまり珍しくないんですけど、宿泊の出張は割と珍しかったんです。自分と同僚とでビジネスホテルに宿泊していると、同僚が「風俗があるから行こう」と誘ってきたんですよ。当時自分は風俗なんて全然遊んだことがありませんでした。大学時代に一度だけバイトの先輩にピンサロに連れて行ってもらった程度で自分のお金で風俗で遊んだことはなかったんですよ。でも、出張、さらには宿泊しているという解放感が自分の背中を押してくれたんだと思います。同僚の誘いに乗って風俗が今で繰り出して遊んだんですよね。それから、自分の意志で、自分一人だけでも遊ぶようになったんです。だからその同僚には今でも感謝していますし、風俗の情報を共有し合う仲にもなりました(笑)自分でも本当に驚いていますけど、でも楽しいからそれでいいかなって。