風俗嬢とコミュニケーション

消去法だったソープが今では…

昔はソープが消去法というか、積極的に遊びたいものじゃなくて何となくというか、他にあまり遊びたいなって思う風俗がない時にソープで遊んでいたんですけど、でも今ではそうじゃないというか、むしろ風俗の中でメインとなりましたね(笑)それはやっぱりサービスそのものというか、ソープで遊べば楽しめるのは間違いないですし、更に言えばソープって運動のようなものじゃないですか(笑)物凄く汗ばむケースもあるんですけど、それがまた面白いじゃないですか(笑)だからこそ、ソープって最高だなって気持ちになるというか、自分の中で別格な存在になりつつあるんです。それだけに、ソープって格別なものだなって思うと、よりその気持ちが強くなっていって、もっともっと遊ぼうっていう、一種の精神的な相乗効果が生まれると言っても過言ではないんじゃないのかなって。だからこそ、風俗で遊ぶ時にはポータルサイトでもソープのお店ばかりを見てしまう自分がいるんですよね。

安いから、やっぱり好きなんですよね

これだけピンサロのことが好きなのも安いという大前提があるからこそですね。綺麗事を抜きにやっぱりお金と言うのは大切なんです。サービスの料金はもちろんですけど、生きていくためにはお金が必要ですしね。でも風俗って他のサービスと比べると値段設定そのものは高いじゃないですか。遊べばその価格は実はコストパフォーマンス的には高くはないどころか、むしろ安いということに気付かされるんですけど、そこまで分かっていないとどうしても抵抗感が出てしまう設定ではあります。でもピンサロは他の風俗よりも明らかに安いじゃないですか。そこに心を奪われているって人も結構いるんじゃないですかね。むしろ自分はそうですよ(笑)だって安いって正義じゃないですか(笑)安いということは、それだけ余計なことを考えなくとも遊べるってことを意味しているんです。それって男としてやっぱりありがたいなって気持ちになりますよね。だからこそ、ピンサロがいいんです。