風俗嬢とコミュニケーション

風俗情報誌、今でも行けますよ

今では風俗情報誌よりもポータルサイトを活用している日知の方が圧倒的に多いんだろうなとは思っています。そもそも、風俗情報誌を発行していた会社なり媒体が今ではポータルサイトも営業しているじゃないですか。つまりは媒体が変わっただけで役割は変わっていないってことですよね。いろいろな情報が掲載されていますし、ページをめくるよりも気軽に、しかもいつでもどこででも楽しめるとあってそちらの方が良いんじゃないかなってことで風俗の情報収集はポータルサイトに任せているって人の方が圧倒的に多いと思うんですけど、まだまだ風俗情報誌も現役ですよ(笑)ポータルサイトからだけでは見れないことも結構あるし、それに女の子の写真がかなり大きく掲載されています。さらには紙で見るとやっぱりちょっと印象が違ったり、自分の気持ちにも残りやすいとあって、今でも風俗情報誌は決して役割が終わった媒体って訳ではないんじゃないかなって思うんですよね。

あざといくらいがベストかも

やたらと目を見開いているAちゃん。彼女は普通にしていても物凄く美人な風俗嬢だと思うんですけど、彼女が言うには風俗の世界は競争だと。他の女の子は岩場的だから、負けないためにもしっかりとアピールしなければならないと。だから次も指名してねと言われましたけど、可愛い風俗嬢であればこのくらいあざといくらいが丁度良いんじゃないのかなって思いましたね。その方が実際のところ、自分の中で楽しめるというか、自分にガンガン来てくれるじゃなですか。それはやっぱり嬉しいですよ(笑)普段女の子からガンガン来てもらえることなんてそうそうないんです。その事実だけでもやっぱり嬉しいものなので、彼女のような風俗嬢もありだなと。彼女自身「私は腹黒いよ」と言っていましたけど、むしろそのくらいあざといくらいの方がこちらの気持ちも割り切れるというか、純粋に風俗を楽しめるよなって思ったんです。でもあれはやっぱり彼女がそれなりのルックスの風俗嬢だからでしょうね。